取得難易度の高い資格は持っているだけで転職に有利

近年では就職に強みがある資格を取得し、転職活動するといった人が非常に増えています。逆にこうした強みのあるスキルがなければ転職はおろか、アルバイトも厳しい状況です。今やなんらかの強みがなければ、職にありつけないといっても過言ではない時代となりました。

 

就職に強い資格は非常に多くのものがみられます。事務系であれば簿記の資格を取得する人も多く、またディスクワークに欠かせないパソコン関連の資格を取得するといった人もみられます。今、資格取得系の学校は非常に活気を見せています。就職に強みのある資格を取ろうと社会人はもちろん、失業者や学生達が多く通学している状況です。

 

仕事帰りに学校へ通うサラリーマンの姿も多く、学校は駅周辺に多くみられます。

 

資格といえば昔から、不動産関連の資格も人気を集めています。専門資格としては建築士や施工管理技士、設備系資格などといったものがあります。実際にこうした資格を取得している人は、未経験の業界でも内定をもらうことも多くみられます。

 

通常転職の際は経験者を優遇しますが、施工管理技士など難易度の高い資格保有者は、資格ありきで採用することも多く、その業界に長年勤めていても資格がない人は不採用で、業界未経験者でも採用されるといったケースが後を立ちません。

 

知識や経験は非常に大事です。しかし資格ありきというジャンルも多いことから、不動産業界に進みたい人は施工管理技士等の資格にチャレンジしてみるのも1つの手です。