施工管理に転職するための5つの流れ

 施工管理の仕事は、資格ありきです。資格取得のために実務経験を積む時期以外は、転職活動の際、過去のキャリアと実績が重視されます。それを踏まえて、自分の希望に合った転職を叶える方法について、一緒に考えてみましょう。

 

転職活動は準備で決まる!

 転職活動を始める前の事前準備がきちんとできているかどうかで、結果に大きな差が出ます。
 まず、自分のキャリアの棚卸しと自己分析、自分の市場価値をリサーチしたうえで、自分のキャリアビジョンを再構築しましょう。

 

求人はどうやって見つける?

 

 転職サイトや転職エージェントなどを活用して、求人を探すのは一般的です。中でも「施工管理」に特化した転職サイトや転職えージャンとを選ぶと、求人内容もより具体的でわかりやすいでしょう。複数を併用して、一社でも多くの求人を集めるのがポイントです。

 

応募書類の作成方法

 

 施工管理者の転職では、過去の仕事内容を重視されます。中でも、オフィスビルやショッピングセンターなど、自分が専門とする分野やそこでどんな経験を積んだかを、しっかり明記するようにしましょう。

 

面接でアピールすべきこと

 

 面接時には、自分がどんな専門性を身に付けているのか、なぜ転職しようと思ったのか、今後どのようにキャリアを積んでいきたいのかを、しっかり伝えることが基本です。さらに、自分の仕事に対する志向性にも触れましょう。

 

円満退職と入社準備

 

 施工管理の仕事は、現場ありきです。手がけている現場の仕事を終わらせてから、退職できるように、しっかりスケジュール管理を行う必要があります。円満退職するために、会社側ときちんと話し合いを行い、退社日を決めてから、転職先と入社日を相談するようにしましょう。