施行管理の転職状況は


 施工管理の仕事は、建築や土木の工事現場を一つ担当して、現場に必要な技能者や作業員の作業と工程管理、コスト管理、安全管理、品質管理などを行うことで、工事が円滑でかつ安全に遂行されるように期間限定でマネジメントをします。

 

 転職する場合、施工管理に必要なスキルは、一級建築施工管理技士、一級管工事施工管理技士、一級電気工事施工管理技士などの資格保有者が重視されますが、現場の技術者や職人をまとめる必要もあり交渉できるコミュニケーション能力と統率力が求められます。

 

 また、企業により異なりますがゼネコンや建設業界の大手企業ほど全国の施工管理をまかされるため、転勤する必要性が高く、ほとんどの施工管理は勤務地に対するこだわりが強いため、転勤を可能条件に入れると転職企業の可能性が広がります。

 

http://xn--8z0a580amha01b.biz/[運輸業界の転職サイト比較ガイド]
運輸関連の求人サイト比較ランキング[http://xn--gmqu33ee5xo5a.biz/]
生産管理転職[おすすめ転職サイト情報]

 

 ここ数年公共事業費削減により土木関連の施工関連のニーズは多くありませんでしたが、橋やトンネル、高速道路などの高度成長期に作られたインフラが、今後修繕や・補修が必要となるためそれに伴いニーズがでてきます。

 

 また、地震対策や省エネの観点から建築基準法が改定されたことで、建て替えが必須となるため首都圏の都市開発も活発化して大規模な案件がでてくることが予測されます。このような状況から、今後益々施工管理の採用ニーズは非常に高まります。

 

 また、25歳以上40歳以下の平均年収は470万円程度ですが今後のニーズに伴い上昇していくことが見込まれます。